女性の3人に1人は尿漏れや頻尿経験者と言われています。という私も40代前半ですが、もちろん尿漏れ・頻尿経験者です。やはり、くしゃみをしたり、急に立ち上がろうとしたときなどに少しだけ尿漏れしたり、昔よりも尿意を感じてから我慢できなくなるまでの時間が短くなってきた気がします。話題の尿漏れ防止体操や手術法、原因、効果的なサプリメントなどについてまとめています。
目次
女性の尿漏れ・頻尿の原因
排尿障害の種類・治療法
産後尿漏れ
尿漏れ防止体操のやり方(骨盤底筋のトレーニング法)
尿漏れや頻尿とサプリメント
尿漏れ対策グッズ
女性の尿漏れ・頻尿の原因
骨盤底筋トレーニングは尿もれの予防・改善にも効果が見られます。まずは簡単な【基本編】から始め、慣れてきたら【応用編】まで、ぜひお試しください。
基本編
応用編
基本編
しかし、40代から50代になって筋肉が弱ってきたり、女性ホルモンの減少によって尿意を我慢する力が弱まってくると、尿漏れの症状が再発したり、頻尿の症状がでてくることがあります。
速い動き(2秒締めて4秒休める)を5回繰り返す。
尿漏れや頻尿とサプリメント
量が増えてくると市販の生理用のナプキンを使いたくなりますが、蒸れやすいので日常使いには向いていません。雑菌が増えて膀胱炎などの原因となることもありますので注意しましょう。
ぼうこうが暴走:
出産は、子宮・膀胱・直腸といった臓器を支えている骨盤底筋(骨盤のプレート)にダメージを与えます。
寝る姿勢で
腹圧性尿失禁による尿漏れは、ほとんどが手術をせずにトレーニングで改善しますが、早く治したい場合には、手術することになります。
※「水分の摂り過ぎ」とは関係なく起こる症状です。
「尿の回数が1日8回以上、かつ、ガマンしがたい尿意(=尿意切迫感)が週1回以上あること」が条件とされています。日本での推定患者数は、およそ810万人です(日本排尿機能学会による)。
2
Bさん: 子どもの運動会で走っている時に急に漏れ、ズボンがびしょぬれに。受診した泌尿器科で「それならば、走らなきゃいい」と言われ、がくぜんとした。医師を含めた周囲の無理解を痛感。
ぼうこうに尿がたまっていないのに、何の前触れもなく激しい尿意に見舞われ、尿もれを伴う場合もあります。およそ3分の2が原因不明です。
オーガニックコットンを使ったかぶれにくい布ナプキンのセット。生理用と軽い日やおりもの用とがセットになっていて、すぐに試すことができます。
立ったままの姿勢
会員の数が少ないため、活動の範囲には制限があります。まずはホームページでご確認下さい。
この手術では、特殊なテープ(人体には無害)を体内に入れ、尿道の真ん中に緩く張ります。腹圧がかかり、多少ぼうこうが下がったとしても、このテープが作ってくれるくびれのおかげで尿がもれなくなる、という仕組みです。
消臭ポリマーが尿、ニオイを吸収!50ccまでの軽い尿もれにユニ・チャーム チャームナップ ふん…
ここからは、“ぼうこうが暴走する”という、もうひとつのタイプの尿漏れについてお伝えします。
また、縄跳びやトランポリンで産後尿漏れが起こるのは、それらの動作によって骨盤底筋が動いて膀胱などが刺激されるのが原因。逆にいうと、それらの「ジャンプ」は骨盤底筋のトレーニングにもなります。
「パンティーライナー」と記載されていることもあります。尿漏れ量によって、厚さを選べるのも安心です。「女性の3人に1人が尿漏れ経験あり」と聞くと、恥ずかしくないです!
スポンサードリンク
この3人の場合、咳をする、階段を上り下りする、走る、重い物を持つ、笑う、歌うなど、腹圧がかかったときに漏れてしまいます。また、漏れたときの「におい」も非常に気になると言います。
応用編
履いているだけで骨盤底筋を鍛える産後の尿漏れ対策パンツ。

尿漏れパンツ
きちんと続ければ、軽い尿もれの改善が期待できます。まずは、仰向けの姿勢と床に座って壁に寄りかかった姿勢で、やり方をマスターしましょう。
※尿量をはかるための容器は市販されている一般的な「計量カップ」で問題ありません。計量カップや排尿日誌は、泌尿器科で準備してもらえる場合もあります。
なお、尿意に関するトレーニングは膀胱などに病気を抱えている人には不向きなものがありあすので、必ず医師に相談してから行ってください。
太極拳やヨガ、ピラティスなども腹圧性尿失禁による尿漏れに効果があると言われています。
尿もれ患者の9割近くが上記のいずれかのタイプに当てはまります。腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁の両者を一度に患う混合性尿失禁の患者さんも多く存在します。
3
女性の尿漏れ・頻尿の原因となる排尿障害は大きく分けて次の3つに分けられます。
実習コーナー「骨盤底筋体操」
尿ケア専用品は生理用ナプキンやパンティライナーとこんなに違う!尿もれには尿ケア専用品を
研究者によると、これは「過活動ぼうこう」と呼ばれる新型の病気であると言います。ぼうこうが勝手に縮む、いわば「ぼうこうの暴走」が原因の
産後尿漏れ
過活動ぼうこうに悩んでいたEさんは、「ある方法」によって症状を克服しました。排尿した時間や量を記録する「排尿日誌」を見ると、その変化は一目瞭然。2年前には1日10回も行っていたトイレの回数が、現在では半分になっているのです。
スポンサードリンク
その姿勢のまま12~14秒間、陰部全体をじわじわっと引き上げる感じで、骨盤底筋を締めます。(きつい方は5秒くらいから始めてください) この時、おなか・足・腰などに力が入らないように意識しましょう。
量に合わせて布の枚数を変えられるものもあるので、外出時間などに合わせて調整すれば装着時のごわつきもあまり感じません。布ナプキンを使い続けると生理の経血量が落ち着いてくるという話もありますので、試してみてください。

正常な人は、咳をしたり、いきんだりして腹圧を加えても、尿道の位置は動きません。これに対して、尿もれを抱えるAさんの場合は、腹圧がかかった際に尿道の位置が大きく動いてしまうことが、X線画像で明らかになりました。
仰向けに寝て、足を肩幅に開き、両膝を軽く曲げて立て、からだをリラックスさせます。
基本的には、椅子に座って行う時と同様に膣と肛門の周りの筋肉を締め、お腹の中に引っ張り上げるように行います。
東京都に住む、Dさんも効果を実感している一人です。成功の一番の秘訣は、続けることです。Dさんは、お湯を沸かす時やテレビを見ている時といった、わずかな時間をうまく見つけては体操を繰り返しているのです。
出産を何度も経験している人は、骨盤底筋がダメージを受けている可能性があるので、グラグラ尿道になりやすく、肥満の人も同じ理屈で骨盤底筋が傷みやすいので注意が必要です。
女性
応用編の姿勢は、状況に応じて組み合わせて構いません。ここまでマスターすれば日常いつでもできるので、思い出した時にぜひ行ってください。
4
東京都のEさんは、10年前から突然やってくる猛烈な尿意と頻尿に悩んでいました。それは、水に触れただけで尿意を感じたり、トイレに行った10分後に再び尿意に襲われる不思議な症状です。
骨盤底筋をトレーニングすることも大切ですが、外出するときや旅行時などには念のため尿漏れしても大丈夫なように準備しておきたいですよね。
速い動き(2秒締めて4秒休める)を5回繰り返す
「抗コリン薬」について
サプリ
骨盤底筋のトレーニングを紹介した動画がありますので、掲載しておきます。
基本的に局所麻酔。
上半身の重みを両手にかけながら、基本編の動作同様12~14秒間、骨盤底筋を締めます。

Cさん: 友達と旅行する機会が激減、付き合いが悪い、と言われてしまう。家族にさえ相談できない、辛い心境を告白。誰にも相談できず、完全に行き場を失った。
腹圧性尿失禁は、咳やくしゃみ、急に立ち上がるといった動作でお腹に力が入ると尿が漏れてしまう症状です。
最も重要なことは、継続して行うことです。トイレに行った後には必ず行うなど、毎日の生活の中で習慣化すると長続きしやすいでしょう。
尿漏れの程度が数滴程度の場合は、おりものシートなどでも大丈夫だと思います。
正式には「過活動ぼうこう=切迫性尿失禁」。男女ほぼ同数
椅子に座った姿勢
最近、脳こうそくや心筋こうそくの予防として、飲水量を極端に増やしている方が多くいます。個人差はありますが、理想的な尿量は1日およそ1500ミリリットルです。一般的に言って、2000ミリリットル以上は出過ぎです。排尿日誌をつけることで、単なる水の飲み過ぎか否かが判断できます。
床に座って壁に寄りかかった姿勢
骨盤底筋を鍛えるという体操があります(骨盤底筋体操)。東京都老人総合研究所が行った最新の実験によると、グラグラ尿道が原因の尿もれ患者である、70歳以上の被験者70人のうちの半分以上が、この体操を(3ヶ月続けることで尿もれが完治したというのです。
尿漏れパット
実は、「尿漏れしても大丈夫」という安心感があると旅行も楽しめますし、楽しい時間の中では尿漏れや頻尿が気にならないこともあります。
「突如くるモーレツ尿意そのワケは?」
その後の46~48秒間は、からだをリラックスさせます。
以上が1セットです。
「締める」「力を抜く」の、1分間のサイクルを10回(10分間)繰り返し行ってください。
ヨガもオススメ!
以上のポーズを組み合わせながら、目標は1日10セット。1セットごとに違うタイミングで行うと効果が大きくなります。
「何かにつかまって立つ」「仰向けに寝る」「椅子に座る」のいずれかの状態で体の力を抜いてリラックスします。
尿漏れや頻尿に効果絶大!と話題の尿漏れ防止体操で骨盤底筋のトレーニングをしましょう。
その後の46~48秒間は、からだをリラックスさせます。
仰向けの姿勢
※体操の詳しいやり方は実習コーナーで紹介します。
骨盤底筋のトレーニングで筋肉がある程度戻ってきたら、子供と一緒にトランポリンなどを楽しむことが産後尿漏れや40代になったときの尿漏れ・頻尿予防になりますよ。
遅い動き(5秒締めて10秒休める)を5回繰り返す。
グラグラ尿道:
※ぼうこう炎など、ガマンが適さない場合もあります。あらかじめ専門医にご相談ください。
※効果には個人差があります。
足を肩幅ぐらいに開き、腰の高さぐらいのテーブルなどのそばに立ちます。両手も肩幅に開き、テーブルにつきます。
1日5分程度でいいので行ってみましょう。トランポリンは全身運動ですので、ダイエット効果もあります。
3 骨盤臓器脱
全種類を一通り試したい方はぜひこのセットを!♪メイドインアースの布ナプキン[基本8点セット/…
3人の尿もれ患者の方々に悩みを告白してもらいました。
なぜ、尿道が動いてしまうの?
グラグラ尿道で尿道が動くのは、ぼうこうの下の部分が下がってしまうためです。ぼうこうが下がってしまうことで、これに接している尿道もつられて動いてしまうのです。では、なぜ尿道が下がると尿が漏れるのでしょうか?
※服用の詳細は泌尿器科で相談してください。
布ナプキン
※「オシッコのガマン」は、無理は禁物です。休みの日に自宅で行うなど、安心して取り組める状況で始めるとよいでしょう。
このため、妊娠中や出産直後では、尿漏れに悩む女性が多いのですが、たいていは1年ほどで回復します。
尿漏れにはおもに2タイプある
さらに、お尻全体をきゅっと上に持ち上げます。
遅い動き(5秒締めて10秒休める)を5回繰り返す。
なぜ、ぼうこうが下がっちゃうの?
尿道が下がると、それと同時に尿道が開いてしまいます。そのために尿が漏れてしまうのです。尿道が下がると開く、このこと自体は避けることはできません。
番組では、以下の3つのポーズをご紹介しました。
尿漏れ対策グッズ
ヨガ
※なお、番組後半に紹介する別のタイプの尿もれ(ぼうこうが暴走タイプ)は、これに当てはまりません。
男性の尿漏れや頻尿の原因は前立腺肥大であるのに対し、女性の尿漏れや頻尿の原因は出産のダメージであることが多いようです。女性の3人に1人は尿漏れ・頻尿経験者であるとも言われています。
症状なのです。X線写真を見ると、通常のぼうこうは400ミリリットルをラクラクとためられるのに対し、過活動ぼうこうの場合は20ミリリットルしかたまっていないのに尿もれを起こしていました。
その後の46~48秒間、全身から力を抜くのも基本編同様です。「締める」「力を抜く」の、1分間のサイクルを10回(10分間)繰り返し行ってください。
日本コンチネンス協会 電話:03-3301-0725
「発見!これがグラグラの真犯人」
ただし、これらのサプリメントで「症状が治ってしまう」わけではありません。医療機関を受診することや、尿漏れ防止体操で骨盤底筋のトレーニングも実践しましょう。
尿漏れパットなどは面倒くさいという方は、尿漏れパンツもおすすめです。最近の尿漏れパンツは消臭機能も付いていて、普通のパンツとあまり違いがないくらいおしゃれなものもあります。1枚は持っておくと安心ですよね。
グラグラ尿道に関して体操で良くなる人は、すべての年齢層でカウントすると全体の半分以下です。残りの半分以上の患者を救う最新の方法を、続けてご紹介します。
まず、排尿日誌をつけて1回あたりの尿量をチェックします。ぼうこうの最大容量を把握し、しっかりと尿をためてからトイレに行くクセをつけるようにすると、次第に尿の回数は減っていき、尿もれも減ってくるのです。
基本編だけでも尿もれ改善につながります。続けてみてください。
6
その姿勢のまま12~14秒間、陰部全体をじわじわっと引き上げる感じで、骨盤底筋を締めます。(きつい方は5秒くらいから始めてください) この時、おなか・足・腰などに力が入らないように意識しましょう。
体操のポイント
TVT手術や尿漏れについて電話相談を受け付けている団体があります。
ただし、相談員はボランティアのため、不在の場合は相談を受けられないこともあります。この場合、応答メッセージにて相談日時をお知らせしておりますので、おかけ直しください。
尿道と膣を締めます。難しい場合、下腹をへこませてお尻の両骨をさらに真ん中に寄せるようにしぼめます。
尿漏れ防止体操のやり方(骨盤底筋のトレーニング法)
椅子の背もたれなどを支えにすると、効果が上がります。
壁に軽くもたれるようにして床に座り、両膝を軽く開いて立てた状態にします。足の付け根の股部分(肛門括約筋の近く)に片手の手のひらを当てて、骨盤底筋の位置を自分の手指で確認します。
以上が1セットです。
過活動膀胱は、尿意をがまんできない状態が週に1回以上起こり、尿漏れや頻尿になります。加齢によって女性ホルモンが減少してくると、尿意をがまんする力が弱まって増えてくる症状です。40代以上の8人に1人が過活動膀胱の患者であると言われています。
どこで手術を受けられる?
また、出産が女性の尿漏れの原因と言いましたが、出産を経験していなくても安心はできません。骨盤底筋は、日頃から意識して動かさないとどんどん弱ってしまう退化的な筋肉です。
保険がききますが、それでも10万円程度の負担が必要です。
「締める」「力を抜く」の、1分間のサイクルを10回(10分間)繰り返し行ってください。
立つ姿勢で
カフェインやかんきつ類は利尿作用や膀胱を刺激する作用がありますので、水分はそれら以外のノンカフェイン飲料などから取りましょう。冬は1日1リットル、夏は2リットル程度が適量です。
40代以上の女性の3人に1人の患者さんがいると言われています。腹圧性尿失禁を予防するには、産後の膣ケアをしっかりとしておくこと、日頃から骨盤底筋を動かしてトレーニングすることが重要です。
水の飲み過ぎに注意!
また、膀胱訓練といって、トイレに行きたくなった時に尿道やお尻に力を入れて我慢する方法もあります。我慢する時間を少しずつ伸ばしていきます。
「過活動ぼうこう」とは?
肛門をきゅっと締めます。
正式には「腹圧性(ふくあつせい)尿失禁」。女性がほとんど。Aさん、Bさん、Cさんもこの症状
TVT手術の仕組みについて
これを朝・昼・晩10回ずつ行うだけで、尿漏れや頻尿が手術不要なくらいに改善します。また、尿漏れや頻尿の予防にもなりますので、今は症状がでていなくても試してみてください。
Eさんが過活動ぼうこうを克服した秘策は、“オシッコのガマン”だと言います。すなわち、ぼうこうに「本来の容量」を覚え込ませるのです。
そうはいっても、最初は感覚がつかみにくくて難しいですよね。婦人科や女性クリニックでは、専門のトレーナーが実際に指を入れて骨盤底筋を触りながら正しい収縮法を教えてくれます。
尿道の位置が変化することこそが、尿もれの最大の原因なのです。
二泊三日程度の入院が必要。
産後の尿漏れの多くは腹圧性尿失禁です。子供と一緒に縄跳びやトランポリンといったジャンプをしたときに尿が漏れてしまうことが多いのではないでしょうか。通常は数年で治りますが、産後にしっかりと骨盤底筋のトレーニングを行って予防することが重要です。
ひざを立てて行うと効果が上がります。
過活動膀胱では、膀胱に尿がたまっていないのに何度もトイレに行きたくなる頻尿の症状がでやすいので、「尿をしっかりとためてからゆっくり出す」ということが大切です。
過活動ぼうこうの治療に効果が期待できます。まずは抗コリン薬を服用し、ぼうこうをリラックスさせます。その上でぼうこう訓練を行うと、「オシッコのガマン」に不安な方も安心して取り組めます。
その後の46~48秒間、全身から力を抜くのも基本編同様です。「締める」「力を抜く」の、1分間のサイクルを10回(10分間)繰り返し行ってください。
基本的には、椅子に座って行う時と同様に膣と肛門の周りの筋肉を締め、お腹の中に引っ張り上げるように行います。
排尿障害の種類・治療法
ノコギリヤシ、カボチャの種、クランベリーともに利尿作用が高く尿切れがすっきりとします。「頻尿で利尿作用?」と思いますが、残尿感が緩和されるため、尿意を感じにくくなるようです。
椅子に座って
おしゃれな尿漏れ用のパンツ。普段、私が履いているのよりもおしゃれです・・・。
以上が1セットです。
月1回、30分のトレーニングを3?4回程度行うと自分でもうまくできるようになります。レッスンは1回、5,400円程度です。最初に正しく習っておくと安心で効果も得られそうですよね。
全国およそ300の病院で手術を受けることができます。
2 過活動膀胱
ヨガでも、骨盤底筋トレーニング同様、骨盤底筋を鍛えられますので、お近くのヨガ教室に通ってみるのもオススメです♪
5
骨盤臓器脱にも骨盤底筋のトレーニングは効果があります。トイレなどでいきむと骨盤臓器脱が悪化するので、便秘をしないように繊維質の多い食べ物や乳酸菌を積極的に取りましょう。
現在、Aさんは尿もれの元患者の会「ひまわり会」を立ち上げ、尿もれに苦しむ人の力になりたいと講演などのボランティアを行っています。
保険適用の手術もありますが、局所麻酔をして尿道を支えるメッシュテープを骨盤の底に挿入する保険適用外のTFS尿失禁手術は、手術時間が20分程度で日帰りできるため人気があるようです。
骨盤底筋は年齢に関係なく鍛えることが可能です。骨盤底筋以外の筋肉に力が入ると、効果が下がります。お腹、お尻、太ももの筋肉に力が入っていないことを確認しながら行いましょう。
速い動き(2秒締めて4秒休める)を5回繰り返す。
「ぼうこう管理術は“オシッコのガマン”」
「根本治療!グラグラ尿道最新手術」
グラグラ尿道の権威である医師を訪ねました。この医師が見せてくれたのは、ぼうこうと尿道を撮影したX線画像です。
およそ1センチの傷が3箇所程つきます。
基本編の動作同様12~14秒間、骨盤底筋を締めます。
ぼうこうを下から支えている骨盤底筋という筋肉群があります。 出産、肥満、加齢などの理由で、この筋肉群が緩んでしまうと、重力の関係でぼうこうが下がってしまうのです。
膣と肛門の周りの筋肉を締め、お腹の中に引っ張り上げるように行います。このとき、膣と肛門が椅子から浮くように実感できるとよいでしょう。
Aさん: 60歳の時から尿もれが徐々に悪化。ある時、街中でザーッと漏れた。以来、どこで漏れるか分からず、徐々に外出の機会を失うように。自分はもうダメなんじゃないかと思い、「自殺したい」と口にするほど悩む。
1 腹圧性尿失禁
骨盤臓器脱は、膣から子宮・膀胱・直腸が出てきてしまう病気です。中高年の女性に多いと言われ、頻尿や排尿障害が生じて、腎臓に負担がかかることがあります。
また、過活動膀胱による尿漏れや頻尿では、治療薬もありますので、病院で診察してもらうと安心です。治療は生活指導、骨盤底筋体操、膀胱訓練、内服薬がメインとなります。
骨盤底筋トレーニングのほか、トイレで尿を「出す、止める、出す、・・・」と複数回繰り返して尿道と膣を締める習慣をつけてみましょう。
「尿漏れパット」と聞くと「おむつみたいに大きいのでは?」と思うかもしれませんが、生理用ナプキンよりも薄くて使いやすいですよ。
「大事な筋肉しまっていこう」
骨盤底筋は元々、人間に尻尾がある時代、骨盤底筋は尻尾を動かす役割をしていたと考えられています。人間に尻尾がなくなり、加えて直立二足歩行になったことで、骨盤底筋にそれまで以上の負荷がかかるようになったと言われています。
7
最近、生理時にも市販のナプキンではなくて布ナプキンを使う人が増えてきました。布ナプキンは、通気性がいいので蒸れにくく、尿漏れや頻尿対策グッズとしてもおすすめです。
遅い動き(5秒締めて10秒休める)を5回繰り返す。
椅子の背もたれに腰と背中をあずけ、深く腰掛けます。この時、肩の力は抜きましょう。
患者のAさんは、治療のためにTVT手術というグラグラ尿道の最新手術を選びました。この手術のおかげでAさんの尿もれはパタッと収まり、今では何のストレスを感じることもなく外出できるまでに回復しました。
女性は40代を過ぎると急激に筋力が弱まりますので、出産経験に関わらず尿漏れや頻尿には要注意です。逆にいえば、骨盤底筋を動かすことが尿漏れや頻尿の改善や予防につながると言えます。
ノコギリヤシ、カボチャの種子、クランベリーなどが配合されたものが多いようです。
ユニ・チャームのシリーズは、パンティーライナータイプとナプキンタイプと選べるうえ、吸水量も2ccから150ccまで選べて便利!

投稿日:

NEW ENTRY

no image
夜間頻尿の原因と対処法をご紹介します。

2017/03/09   -総合

日常生活にも支障をきたしかねないこの夜間頻尿の原因と対処法をご紹介します。 まずは健康な身体づくりから夜間頻尿の原因には、さまざまなものが考えられますが、予防・改善には、健康的な身体であることが基本と …

Copyright© 尿漏れ対策の必要性 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.